なぜプロパンガスの料金の相場が、都市ガスより高い?

家庭で使用するプロパンガスの料金の相場は、地域ごとに異なる場合が多いです。

ガスの料金体系は、固定の基本料と使用料に応じて変動する従量料金の二つの値段を合わせた金額になります。日本全国の価格の相場も都市ガスよりも高い値段になっているのが現状です。都市ガスと比べても高い価格になっているのには、市場に理由があります。これまでのプロパンの市場は企業同士の競争がない特殊なものでした。

企業同士が顧客獲得競争を行わないように、企業間の競争をしないように内々に取り決めていたのが理由です。プロパンのガスの相場価格も高い状態のままで変化がなく、ずっと続いてきました。それが1997年に法改正が実施されたことで変わって来ます。これまでずっと不透明だったガスの価格を明確化するように改正されたことで、ガス会社が利益確保のためによりいっそう価格の値上げを行いました。一般の消費者はそのようなプロパンガスの市場の内情など知りません。そのような高い市場価格のまま継続しているというのが、これまでのプロパンガスの市場でした。

最近では、電力の自由化に伴い電力会社とガス会社が提携してサービスを行うような会社も多くなって来ました。それに伴って市場価格も段々と下がって来ています。電力とガスをセットで契約することで割引になるケースが多く、従来の料金よりも低価格で利用出来る会社が多いです。ガスの切り替えに伴う契約の変更手続きなどの代行も行ってくれる会社もあります。これからは自由競争の時代に入ってきているので、地域のプロパンガスの料金相場を調べて会社を切り替えるには良い時期だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *