プロパンガスの相場とは

プロパンガスの料金は基本料金と従量料金によって決まってきます。

日本全国のガス料金の相場は基本料金が1890円となっており、従量料金は523円ということです。プロパンガスの相場が高い理由としては、競争がないといったことが挙げられます。ガス市場は高い価格を維持するため、企業同士が顧客の取り合いをしないように決めたということです。その結果として価格はずっと高いままでした。

1997年には今まで不透明だったガスの価格を明確化するように法改正が行われましたが、多くの消費者はそのことを知りません。そこで一部のガス会社はより多くの利益を得るため、ガス料金の値上げを行ったということです。結果としてもともと高かった相場がさらに高くなりました。プロパンガス料金を相場より安くしたいという人も多いでしょう。価格を安くする方法として、まずはガス会社に交渉して安くしてもらうということがあります。

交渉が得意な人はこちらを試したくなるかもしれませんが、交渉しても応じてもらえないことも多いので注意しましょう。ガス会社との交渉よりも効果的なのが安いガス会社に変更するという方法です。安いガス会社に変更することにより、効率よくガス料金を安くすることができます。この方法ならどんな家庭で行ってもほぼ確実に価格を下げることができるでしょう。また、現在のガス会社で不当な値上げが行われていた場合、一時的に交渉が成功してもすぐにまた値上げされてしまう可能性が高いです。そのようなリスクを避けるためには経営状態が良好なガス会社を選ぶことが大切です。そうすれば不当な値上げが行われることはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *